FC2ブログ
12 «  2019 / 01  » 02  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.

ヘッポコサーファーのLIFESTYLE

ヘッポコサーファー”おやぢ”の思いついた事、ただのたわ言、などをたまに写真付で書きとめていきます。

スポンサーサイト 

 --/--/-- -- --:--:--  E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  

クラブを選ぶポイント その2 

 2007/06/03 Sun 18:32:45  E d i t
先日はドライバーをピックアップしたのですが、よくよく考えると、ヘッドスピードが速いために、クラブを選ぶ幅が小さくなっているように感じる。ヘッドスピードが40~47位であればもう少し幅が広がる様な気がする。

しかし、ヘッドスピードを落とすようなスイングにはしたくないので、ドライバーは前に上げた物を基本として考える事にしようと思う。そうなってくると、ドライバーの重量は約320gが基本となりそうだ。
クラブセッティングの肝となるのはクラブをドライバーからウェッジまでが徐々に重くなるのがいいらしい。グラフで示すならば、縦を重量、横をクラブでドライバーからウェッジまでにすると直線で右上がりになればいいようです。この、ドライバーが320g前後と言うのはアイアンは必然的にダイナミックゴールドのシャフトが入っている物になると思います。5Iで約430gになる様なセッティングにするべきなのでしょう。

なぜ、その様な重量のセッティングがいいのかと言うと、スイングのリズムが一定に出来るからと聞いています。クラブセッティングがバラバラだとスイングがクラブによってバラつきが出てきて、球筋もバラつくようです。

そうなってくると、FWやUTなどはその間の重量になるセッティングにしなければならないでしょう。
クラブを選ぶ場合、何を基準にするかによってクラブの選び方が変わってくると思います。僕の場合、ウェッジは買い替えないので、今のウェッジが基準になりますが、今のセッティングとほぼ変わらない物になると思います。

しかし、FWはこのセッティングに見合った物なのかと言うとそうでない様な感じ。今のFWは折れた4Wと5Wはキャロウェイのビッグバーサで重量はどれくらいあるのか解らない。その前に使っていたのは、テーラーメイドのかなり古い物で、シャフトがDG S300が入っている物です。全然セッティングがあっていないので、FWはどうしても買い替えなければいけないのです。

では、どの様な物がいいのかと考えて見ると、一番最初に上がるのは、ロイヤルコレクションB.B.D Type-H II フェアウエイウッド ツアーAD PT-7になります。ロイヤルコレクションはFWでは定評のあるメーカーです。ヘッドもオーソドックスな形なので違和感無く構えられそうです。シャフトも色々選べれるのですが、今使っているブルーGのグラファイトデザインのシャフトが気に入っているので、グラファイトデザイン社のシャフトが良い様に思います。他のシャフト、スピーダーとか、ディアマナだとかもいいのでしょうが、僕はグラファイトデザイン社のシャフトにしようかなと考えています。

ドライバーをブリヂストンにするのであれば、FWもブリヂストンにするのがいいのかなと考えて、TOURSTAGEツアーステージ NEW X-DRIVE FW ツアーAD PT7になるでしょね。ツアープロの評判はいいのですが、そこまでの腕が無い僕に使いこなせれるかどうか心配です。

FWはテーラーメイドが定評があると聞きます。特に前作であるV STEELがいいと聞きますが、中古で探すにはこのタイプの物がいいのかなと思います。
中古クラブのリアルタイム在庫情報 ここで探してみようかな。

また、プロのセッティングを参考にすると、FWだけはモデルが以前の物を使っている人が多い様な気がする。FWは使い慣れた物がいいのだろうと思ってしまいます。そうなってくると、中古で探すのも手だろうと思います。V STEELやビッグバーサなど定評のあるFWがいいのだろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heppokosurf.blog20.fc2.com/tb.php/231-a6176d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ロフトに応じて、最適なバウンス、ソール幅を専用設計。特にサンドウェッジは、フェースを開いて使いやすいように、ヒール側の有効ソール幅を広く設定。フェースを開いた時の接地部分が「点」から「面」になり、より安定感のあるショットが可能になった。ミーリング精度を高
2007/09/05(水) 11:30:33 | ウェッジが最高によかった
ロフト角60°を購入。ロブウェッジとしてはもとより、苦手だった50ヤード以内のアプローチにピンをデッドに狙え威力を発揮しそうです。特にキズも無く新品でした。いい買い物になりました。お店については早い、安い、親切、丁寧。商品は競技志向の私でも納得できるクォ
2007/07/24(火) 06:19:50 | クラブがすごくよかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。